「液体ガラス」とは、景観、インフラ、建築などで、木材・コンクリートをはじめとした様々な基材の新たな可能性を秘めた新しい技術です。
微粒子化(コロイド化)シリケート組織液に改良を重ね有機物との密着性を向上。
環境負荷も少なく、建築物の長寿命化・無害化を成し遂げる製品です。

  • 液体ガラス含浸処理

    2019年1月18日

    日本が持つ資源の一つ森林 日本の森林面積は何%か? ご存知でしょうか? 実は67%もの森林面積を持つ世界3位の [...]

    Continue Reading...